原発情報や、ゲーム攻略に役立つテンプレの紹介。気に入ったゲームの攻略など。気ままにやるブログ。 無料レンタル掲示板,チャット 
最新ゲーム・アニメ情報
最新ニュースRSS

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/

【原発問題】正気を疑う文科省の学校線量基準 校庭が放射線管理区域の6倍でも「平常どおり使え」★

ここでは、「【原発問題】正気を疑う文科省の学校線量基準 校庭が放射線管理区域の6倍でも「平常どおり使え」★」 に関する記事を紹介しています。
  【AmazonPC用】・ゲーム ・トップ ・ガイガーカウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加










龍の幻想 最新記事一覧



スーパーストリートファイターⅣ AE
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
XBOX360版

■PS3用 アーケードスティック


■XBOX360用 アーケードスティック
■ディスプレイ売れ筋

◆格ゲー 新作


◆格ゲー情報


◆ゲーム動画



■ゲーム攻略本のベストセラー
■漫画のベストセラー
■ライトノベルのベストセラー


サイト内 検索






龍の幻想 コンテンツ

ゲーム通販サイトまとめ
メーカ直販ならではの限定版やグッズを買える。
イーカプコン
バンダイナムコゲームス公式通販ララビットマーケット
コナミスタイル
SQUARE ENIX(スクウェア・エニックス) e-STORE
ソニーストアコレクション

■ゲーマー用アイテム
ゲームに適した遅延の少ない液晶モニタ+テレビ
オススメゲームパッド
PSP全画面拡大フルハイビジョンアダプタ
BTOパソコン購入相談室-『Build to Order(受注生産)』

攻略リンク
■おススメゲーム
PS3おすすめゲーム
XBOX360のおすすめゲーム
PSP、このゲームは買っとけ!
【3DS】3DSこのゲームは買っとけ 【オススメ】
ニンテンドーDS このゲームは買っとけ!
Wii このゲームは買っとけ!
PS2今更買ったんだが面白いゲームないか?

■レトロゲーム
【PSP】ゲームアーカイブス総合【PS3】
【VC】バーチャルコンソール総合
【PS3でも】ネオジオ総合【PSPでも】
■名作・クソゲー・カタログRSS
  【AmazonPC用】・ゲーム ・トップ ・ガイガーカウンター

正気を疑う文科省の学校線量基準 合原亮一の「電脳自然生活」

 最初に、見出しに強い言葉を使ったことをお詫びしておきたいが、もっと強い表現をしたいというのが
本心であることも申し添えておきたい。
 文部科学省、原子力災害対策本部、原子力安全委員会は、4月19日に「福島県内の学校等の校舎・
校庭等の利用判断における暫定的考え方について」を発表した。その内容は「校庭・園庭で3.8μSv/
時間未満の空間線量率
が測定された学校等については、校舎・校庭等を平常どおり利用をして差し支え
ない」というものだ。

●放射線管理区域の6倍で「平常どおり」
 この3.8μSv/時という基準線量を見て目を疑った。放射線管理区域に設定しなければならない、信じ
難く高い線量だったからだ。放射線障害防止のための放射性同位元素等による放射線障害の防止に
関する法律等は文科省が所管している。そして文科省自身が、「外部放射線に係る線量については、
実効線量が3月あたり1.3mSv」を超えるおそれのある場所については放射線管理区域を設定するよう
定めているのだ。3月あたり1.3mSvというのは、0.6μSv/時である。今回文科省は、その6倍以上の3.8μSv/時という
線量があっても「平常どおり利用をして差し支えない」と発表してしまった。これは明らかにこれまでの
規制からの逸脱であり違法な内容である。

 
 これが原子力発電所内や防災機関などなら、非常時なのでやむを得ないという考え方も出来るかも
しれない。しかしどういう説明を付けても、放射能の影響を受けやすい子供達が毎日の生活を送る場所に
ふさわしいと言うことは出来ないはずだ。

>>2以降に続きます

ソース:WiredVision 2011/04/20
http://wiredvision.jp/blog/gohara2/201104/201104201515.html
前スレ:【原発問題】正気を疑う文科省の学校線量基準 校庭が放射線管理区域の6倍でも「平常どおり
使え」[11/04/20]


◆要するに、0.5uSv/hまでならいいが、それ以上は、ヤバイってことか。外部被曝だけで年間20mSvなら内部被曝を合わせると相当な被曝量になるのでは…。


5マイクロシーベルト/時(0.005ミリ) 原発異常事態の基準(10条通報基準・屋内退避基準
3.8マイクロシーベルト/時(0.0038ミリ) 学校の安全基準(文部科学省)←ここ
0.8マイクロシーベルト/時(0.0008ミリ) 3/14-AM10時の東京都の線量(普段の20倍)
0.05マイクロシーベルト/時(0.00005ミリ) 原発通常時の周辺地域の線量




●法律で厳重な管理が必要な線量
 放射線管理区域というのは、原子力発電所の中でも一部にしか設定されていない、危険な場所である。
そして以下の処置を講じなければならないこととされている。

 a)関係者以外の立入りを禁止し放射線被ばくを防止する。
 b)放射線モニタリング等を厳重に行い、被ばく防護対策を行う。
 c)管理区域外への放射線の漏洩、放射能汚染の拡大を防止する。
 d)標識・柵等によって境界を明示・区画し、出入り管理を行う。
 e)被ばく管理を行う。

 放射線管理区域内では、個人被ばく測定器具を用いた外部被ばくモニタリングおよび内部被ばく
モニタリングが行われなければならない。出入りや物品の搬出の際には、管理区域からの退出時には、
ハンドフットモニタや全身汚染検査計を用いて、身体表面に汚染のないことの確認が必要である。

 管理区域境界では靴の履き替えが実施され、管理区域外への汚染の拡大が防止されなければなら
ない。物品の管理区域外への搬出の際には、表面汚染検査用サーベイメータを用いて、物品の表面に
汚染のないことを確認しなければならない。管理区域内に立入る者に対しては、放射線防護の観点から、
定期的な健康診断、教育・訓練等が義務づけられている。

 以上のような厳重な管理が必要な区域の設定が求められるのが0.6μSv/時であるのに、3.8μSv/時
もの線量があっても、特別な対応が不要というのは、明らかな違法行為ではないか。

>>1から続き
◆0.6uSv/時を超えている地域のお子さんは注意が必要。ってか上の内容みると厳重な管理が必要みたいだが。
現在の日本の子供は放射線管理区域でも活動できるぐらいたくましくなったのか?!
校庭の除染作業など早急な対策が求められる。土入れ替えが手っ取り早いか。


>>3以降に続きます

>>2からつづき

●実際の被曝は想定より大きくなる
 念のために説明しておくと、実際の危険は6倍以上になる。というのも、0.6μSv/時というのは外部被曝
だけの場合の基準
で、内部被曝が想定される場合は外部被曝と内部被曝を合計した実効線量で規制
されているが、文科省が児童生徒の線量として考えているのは空間線量だけ、つまり外部被曝だけ
からだ。

 子供達が屋外で活動したり、風が吹けば当然土が舞い上がる。放射性物質が含まれた土ぼこりを空気
とともに呼吸しないわけにはいかない。当然内部被曝が発生する。体内に取り込んでしまった放射性物質
からは放射線が出続けるので、外部で測定された線量にその分の被曝が加わることになる。体内被曝は
蓄積して行くので、被曝量が増加していく。特にアルファ線源は外部被曝の場合の危険性が低い
代わりに内部被曝では大きなダメージを与えるので、吸い込まないための対策が必要だ。

 最近の線量測定値に変動が少ないことから、ヨウ素131のような短命の核種からの放射線は既にかなり
減衰していることがわかる。事故炉からの放出が続いていても、安定的に放射能が供給されることは考え
にくいので、現在の線量は地表に降下した長命の放射性核種に由来するものが大部分ということになる。
つまり毎日一定の被曝が発生する。

 事故炉からの距離が100キロ単位の遠方であれば、現存する核種は放出量が多いセシウムが中心と
考えられるが、事故炉から近い福島県下では、より重いプルトニウムなどアルファ線源の危険な核種も
飛来していて、地表に存在している可能性が高い。アルファ線源が体内に取り込まれる主要経路は
呼吸による肺経由ということも考慮する必要がある。そのほかに、食物や水からの被曝も発生する。
こうしたことを考えると、空間線量だけで制限一杯被爆してしまう基準では、実際の被曝量が制限以上と
なるケースが防止出来ない。



>>4以降に続きます
◆フルアーマー枝野でさえ、(0.5uSV/hで5分間)。
「これでもただちに健康に影響は無い」 と言えるのだろうか?

3からつづき

 なお通常の管理区域設定に3カ月の線量を用いているのは、レントゲンなどを考えれば分かるように、
線量が常に一定ではないからだ。福島の場合は残念ながら線量が安定的に高いので、Sv/時で判断
しても同じ結果になる。

●文科省はただちに暫定線量の引き下げを
 子供達の健康を守るという観点で見ると、現在の暫定基準は明らかに高過ぎる。放射線管理が必要な
線量の6倍で管理が必要ないというのでは、子供達の健康は守れないし、そもそも違法だ。

 文科省はただちに基準線量を、最低でも0.6μSv/時以下に引き下げるべきだ。体制が整うまでは、
0.6μSv/時よりもさらに余裕を見た、安全面に倒した基準を設定する以外に、子供達の健康を守ることは
できない。またストロンチウムやプルトニウムといった多くの核種に関しても全校で定期的に測定し、
結果を公表しなければ、子供を持つ親は安心することができない。

 さらに、呼吸による内部被曝を防止するために、全員に対して高性能なマスクを配布し、常に着用する
よう指導するべきだ。
現在の3.8μSv/時という、法律違反の異常に高い基準線量は、子供達の健康を
守るためのものだろうか。子供達を犠牲にして、対策費用を節約するためのものとしか思えない。

>>

(以上)
これで分かったのは、0.6uSv/時の地域に住む人は気をつけないといけないということだ。
子供を疎開させるなり、除染するなり、素早い対策が求められる。

これらの情報を知った上での決断で覚悟して住むならば文句はいうまい。
地元の人は、分かった上で子供を通わせているのだろうか?

>対策費用を節約するため
本当にそれだけなのだろうか? この機に紛れて人体実験してデータを取ってんじゃないか?


武田邦彦 (中部大学)

●大人は子供たちを被ばくさせたがっている・・・
http://takedanet.com/2011/04/post_faf5.html

●原発 緊急情報(59) 「外部被ばく」か「合計」か?
http://takedanet.com/2011/04/49_5e8b.html



放射線管理区域の定義(原子力安全・保安院)→ 年間5ミリシーベルト相当 
http://www.nisa.meti.go.jp/word/30/0923.html
白血病の労災認定 → 0.5レム(5ミリシーベルト・5mSv/年)
http://joshrc.org/kijun/std02-5-810.htm
0.005Gy(5mSv)以上の放射線被曝は、広島では爆心地から約2,500m以内、長崎では約2,700m以内に相当。
http://www.rerf.or.jp/general/qa/qa11.html


児童生徒等が学校等に通える地域において20mSv/年の、学校等の利用判断の暫定的な目安 (文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305174.htm

★ 文部科学省に関するメールでの御意見・お問い合わせ窓口案内
http://www.mext.go.jp/mail/index.html



福島の住民は、この事実を知るべきだ。
年間33mSv以上浴びたら子供にはどんな影響が出るのだろうか。
子供は、年間10ミリシーベルト以下に抑えるのが望ましいと文科省はコメントしているが…。

よく考えた上で行動してほしいものだ。これは、福島に住む人が立ち上がらねばどうにもならん!
福島の若者は今こそ決起するとき。文科省にメール・問い合わせから始めてみよう。

ICRP新勧告について -文部科学省-
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/002/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2009/04/28/20080314_01b.pdf

子宮内被曝の影響(P.23)

・奇形の誘発
  ~100mGy
・精神遅滞
  ~300mGy
・IQ低下
  20~30mGyまでは事実上ない
・発がんリスク
  幼児と同様で全人口の2~3倍
  慢性被曝で100mSv以下は特別の防護不要

注:Gy≒Sv

 →いずれも福島では影響の下限を突破する地域がある

BEIR-7リポート
(BEIR:電離放射線の生物学的影響に関する米国科学アカデミー委員会)


3.8uSv/h
分かり易く言えば、現状の飯舘村未満なら好きなようにしろって事。
そして、福島市~郡山市の深刻さを隠すための数字



◆ICRPとは、Wikipedia

国際放射線防護委員会(こくさいほうしゃせんぼうごいいんかい、International Commission on Radiological Protection: ICRP)は、専門家の立場から放射線防護に関する勧告を行う国際学術組織である。ICRPが出す勧告は、日本を含む世界各国の放射線障害防止に関する法令の基礎にされている。

事務局の所在地はスウェーデンのストックホルム。




小学校まるごと集団疎開


これと同じ事を日本全国の自治体と教育委員会で検討してくれると
福島県の子供達を被爆から救うことが出来ます

小学校まるごと集団疎開支援プロジェクト
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/kyouiku/hotline/touhokujishin/marugotosokai.pdf

1 広島県教育委員会では,福島県のほかに岩手県,宮城県に対しても,
 学校単位での集団疎開を支援するプロジェクトを提案中

2 文部科学省のメールマガジンを通じて,全国の教育委員会に情報発信中

3 広島県独自に,直接,被災者に情報が届けられるよう,被災地域の
 コンビニエンスストアにおいて支援内容を取りまとめたチラシを配布する予定

4 地方公共団体から支援の要請があれば被災地域を特定することなく,
 可能な限り柔軟に受入れを行う



◆疎開を受け入れる地域もすでにあるんだな。



sssp://img.2ch.net/ico/anime_charhan01.gif
http://www.youtube.com/watch?v=jnOD55uLA7c
http://www.youtube.com/watch?v=DUhlamqSQXg
福島老朽原発を考える会をはじめ3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許
容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回
するよう交渉を行った。出席した文部科学省と内閣府原子力安全委員会の担当者は、
ほとんどの質問に対して回答することができず、子どもの安全基準の根拠が不透明であり、き
ちんとしたプロセスがとられていない可能性があることが明らかとなった。

交渉に出席したのは、文部省のスポーツ青少年局学校健康教育課や原子力安全委員会事
務局などの係長クラス4人。文部省の担当者に対して、主催者側から「20ミリシーベルト
が放射線管理区域よりはるかに上回るレベルであることを理解しているか」との質問
に対し、「個人的に、放射線管理区域は存じていない」と回答。管理区域の線量レベルが
年間 5ミリシーベルトであり、労働基準法上18歳以下が働いてはいけないことになっ
ていることや、20ミリシーベルトは原発労働者が白血病になった際、労災認定される
レベルで あることなどを知らなかったことから、会場からは「そんなことを知らずに
決めていたのか」との声があがり騒然とした。
また、20ミリシーベルトという安全基準を誰が決めたのかとの質問に対し、内閣府原子
力安全委員会の事務局担当者は、19日に内閣府原子力安全委員会が「問題なし」と決定
し、助言したと回答。しかし、5人の委員が会合を開いた事実はなく、また議事録も見た
ことがないという。更に、国の設定した20ミリシーベルトには食物などや土ホコリなど
による内部被ばくなどは含まれてないことがも判明し、再び会場は騒然とした。


こいつらバカだろ…。文科省ってバカでも入れるのか? 分からない、知らないってどうなってんのコレ。
これにはあきれた…。現実なのかコレ? ヤラセにすら見えるぞ。
本当に文科省の役人がコレ?

sssp://img.2ch.net/ico/anime_charhan01.gif

1時間半近くにわたる政府交渉の結果、市民からは、子どもたちは既に校庭で遊び初めて
おり、一刻も猶予がないとして、(1)20ミリシーベルトの基準を撤回して欲しい(2
)少なくとも、20ミリシーベルトを安全とする根拠や審議の過程等が示されるまでは、
20ミリシーベルトを撤回して欲しい、との提起がなされた。これに対し、政府交渉の調
整にあたった福島瑞穂事務所は、すぐに入手可能な回答は今日21日の夕方までに、また
新たに検討すべき回答は明日22日の午前10時までに回答を得るようにすると確約、政
府交渉は終了した。



sssp://img.2ch.net/ico/anime_charhan01.gif
OurPlanetTVがこの模様をUSTREAM中継をしたところ1300人が視聴。
出席した担当者がほとんど回答できないことに対して怒りのツイートが相次いだ。
また 、若い担当者しか出席しなかったことに対し、「なぜ責任者がこないのか」といった声が殺到。
OurPlanetTVの事務所にも、「なぜ、文部科学省は責任者をよこさない のか」と怒りの電話が入った。
  
学校などの放射能汚染に関しては、原発震災復興・福島会議が福島県に対して、
0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を求めて要望書を提出している。








■まとめ

0.6


0.6uSV/h
0.6uSV/時
以上の地域に住む人は気をつけようってこと。

※文部科学省の基準値:3.8マイクロシーベルト/時
  保育所、幼稚園、小学校は50㎝高さ、中学校は1m高さの校舎外平均値の空間線量率で判断
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加










龍の幻想 最新記事一覧



スーパーストリートファイターⅣ AE
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
XBOX360版

■PS3用 アーケードスティック


■XBOX360用 アーケードスティック
■ディスプレイ売れ筋

◆格ゲー 新作


◆格ゲー情報


◆ゲーム動画



■ゲーム攻略本のベストセラー
■漫画のベストセラー
■ライトノベルのベストセラー


サイト内 検索






龍の幻想 コンテンツ

ゲーム通販サイトまとめ
メーカ直販ならではの限定版やグッズを買える。
イーカプコン
バンダイナムコゲームス公式通販ララビットマーケット
コナミスタイル
SQUARE ENIX(スクウェア・エニックス) e-STORE
ソニーストアコレクション

■ゲーマー用アイテム
ゲームに適した遅延の少ない液晶モニタ+テレビ
オススメゲームパッド
PSP全画面拡大フルハイビジョンアダプタ
BTOパソコン購入相談室-『Build to Order(受注生産)』

攻略リンク
■おススメゲーム
PS3おすすめゲーム
XBOX360のおすすめゲーム
PSP、このゲームは買っとけ!
【3DS】3DSこのゲームは買っとけ 【オススメ】
ニンテンドーDS このゲームは買っとけ!
Wii このゲームは買っとけ!
PS2今更買ったんだが面白いゲームないか?

■レトロゲーム
【PSP】ゲームアーカイブス総合【PS3】
【VC】バーチャルコンソール総合
【PS3でも】ネオジオ総合【PSPでも】
■名作・クソゲー・カタログRSS
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragonfantasy.blog45.fc2.com/tb.php/482-60414be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。